SANKYOヒストリー

  • 今

    2015- そしてこれからも、SANKYOは歩き続ける

    そしてこれからも、SANKYOは歩み続ける

    SANKYOは2015年4月に50周年を迎えました。
    「創意工夫」の精神で、これまでも、そしてこれからも新たな時代を創造し続けます。

    世の中の出来事

    2015

    横綱・白鵬関が史上最多優勝記録を更新

  • 2015

    2010-2014 ガンダム発進

    大型タイアップ機が続々登場

    大ヒットアニメ「機動戦士ガンダム」との大型タイアップを実現し、パチンコファンのみならず原作ファンからも高い支持を集めた。
    また、世界的アーティストの「X JAPAN」や人気アニメ「マクロスフロンティア」「涼宮ハルヒの憂鬱」など様々なジャンルとのタイアップ機を発表した。

    世の中の出来事

    2013

    2020年オリンピック・パラリンピック東京開催決定

    2011

    なでしこジャパンがワールドカップドイツ大会で初優勝

    2011

    東日本大震災

  • 2010

    2005-2009

    一大センセーションを巻き起こす

    トップアーティスト「倖田來未」さんとのタイアップ機「KODA KUMI『FEVER LIVE IN HALL』」が大ヒット。
    また、「フィーバー創聖のアクエリオン」ではTV CMが話題となり主題歌やアニメがヒットするなど、業界内外で大きなムーブメントを巻き起こした。
    また、渋谷区に開発研究棟を完成させ、より優れた開発環境が整うこととなった。

    2005-2009
    世の中の出来事

    2008

    iPhoneの日本発売開始

    2006

    第1回ワールド・ベースボール・クラシックで日本が優勝

    2005

    愛知県で「愛・地球博」開催

  • 2005
    2000-2004

    2000-2004

    SANKYOの技術力が光る

    『竜巻モデル』『VICTORYモデル』など、SANKYO製品が次々とグッドデザイン賞を受賞。
    さらに、規則改正にいち早く対応した機種やSANKYOブランド第1弾パチスロ「ボンバーパワフル」を発表し、市場の多彩なニーズに対応。
    また、業界最高水準の生産システムを備えた三和工場を完成させ、生産・物流の集中拠点として安定した供給体制を確立する。

    世の中の出来事

    2002

    アジア初となる日韓ワールドカップ開催

    2001

    iPod発売

    2000

    新紙幣の2000円札発行

  • 2000

    1995-1999

    一部上場企業へ

    1995年に東証第2部上場、さらに1997年には念願の東証第1部上場を果たす。また、1998年には「新東京本社ビル」(現本社)を完成させる。
    パチンコ機では新内規対応の「フィーバーゼウス」をヒットさせた他、子会社のダイドー(現ビスティ)よりパチスロ第1弾「メイクエ」を発表しパチスロ参入を果たす。

    1995-1999
    世の中の出来事

    1998

    サッカー日本代表が初のワールドカップ出場

    1996

    女子高生の間で「コギャル」がブームに

    1995

    阪神・淡路大震災

  • 1995
    1990-1994

    1990-1994

    さらなる飛躍へ

    1991年に株式店頭公開を実現。さらに1993年には、最新設備を揃えた桐生工場新社屋が完成し、企業として大きな飛躍を遂げた。
    また、パチンコ機では「フィーバーパワフル」や「フィーバークィーン」など、SANKYOの看板シリーズとなる機種を発表し、リーディングカンパニーとしての地位を不動にした。

    世の中の出来事

    1994

    プレイステーション、セガサターン発売

    1993

    プロサッカーリーグ Jリーグが開幕

    1991

    NTTドコモより携帯電話「mova」発売

  • 1990

    1985-198

    数多くの名機が生まれる

    パチンコが娯楽の王様として大きく発展し技術競争もより一層激化する中、「スーパーコンビ」「マジックカーペット」といった名機を続々と発表。
    業界をリードする存在として確かな地位を築いた。

    1985-1989
    世の中の出来事

    1989

    昭和天皇崩御。昭和から平成へ

    1987

    国鉄が民営化し、JRグループ7社が発足

    1985

    つくば万博開催

  • 1985
    1980-1984

    1980-1984

    伝説の名機「フィーバー」誕生

    1980年に発売した超特電機「フィーバー」が空前の大ヒット。インベーダーゲームに押されていたパチンコ業界が、再び人気を取り戻すきっかけとなった。
    また、本社を桐生市に移転し新社屋を完成させるなど、企業としてもさらに成長を遂げることとなった。

    世の中の出来事

    1983

    ファミリーコンピューター発売開始

    1981

    イギリスのチャールズ皇太子とダイアナ結婚

    1980

    竹の子族ブーム

  • 1980

    1966-1979 SANKYO設立

    SANKYO設立

    1966年4月に株式会社中央製作所設立。また、11月には現在の社名である株式会社三共に商号変更し、名実ともにSANKYOとしてスタートする。
    1967年に新型パチンコ機「飛鳥」を発表。以後、「吾妻 」「茜」「ブレンド」など業界に新風を吹き込む機種を次々と発表する。

    1966-1979
    世の中の出来事

    1978

    インベーダーゲームが大流行

    1975

    「およげ!たいやきくん」が大ヒット

    1970

    大阪万博開催

    1966

    ビートルズ来日、日本武道館で公演

    1966

SANKYOヒストリーTOP

©創通・サンライズ ©2004河森正治・サテライト/Project AQUARION ©BANPRESTO ©avex entertainment Inc.